Software Quasol(Quality Solution Service)'s Plofile

Software Quasolのなりたちとメンバーのご紹介です

■背景

2010年度~株式会社HBAで施行されたイントレプレナー制度

(新規事業を提案し、審査合格すると事業立ち上げできる制度)

の第1号事業者として、2012.4.1に発足しました。

■ミッション・ポリシー

ミッション

Software Qualityの向上、そして価値あるSoftwareの創造を通じてIT管理者・エンジニアのみなさんに仕事の楽しさとやりがいを実感してもらう

 

ポリシー

三方よし(近江商人の教え)の実現を目指す!

■メンバー

氏名 :安達 賢二(あだち けんじ/Kenji Adachi)

所属 :株式会社HBA 経営管理本部    https://www.hba.co.jp/

連絡先:〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目1番地8

    株式会社HBA内 Software Quasol

           TEL:(011)231-8301  FAX:(011)281-0915

           E-mail: quality-sol@hba.co.jp   ※注意:”@”を”@”に変えてご使用ください

 

■略歴

  1964年 北海道生まれ

  1987年 北海道ビジネスオートメーション株式会社(現在の株式会社HBA)入社

          官公庁自治体関連システム運用・保守~開発業務を担当

  1994年~金融系システム開発プロジェクトマネージャなどを担当

  1996年~品質システム導入に伴い部門品質保証担当に着任

            その後、2011年度まで全社品質保証担当、全社品質・情報セキュリティ・環境管理責任者などを担当

  2009年~800名が一斉参画して進める生産革新活動”スリーム(SLIM)”企画・技術コーディネータとして3か年計画を主導

  2012年  社内イントレプレナー制度第1号事業者(兼業務改革担当)として

            Software Quality Solution Service(Software Quasol)を立ち上げ 現在に至る

■主な論文・事例発表

ソフトウェアテストシンポジウム2006札幌(JaSST'06札幌) 経験論文

レビュープロセスの現実的な改善手段の提案

  (論文)http://www.jasst.jp/archives/jasst06s/pdf/A4-1a.pdf

  (発表資料)http://www.jasst.jp/archives/jasst06s/pdf/A4-1b.pdf

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2007(SPI Japan2007)

現場の様々な事実情報分析に基づく現実的な改善アプローチのご紹介

-システムズアプローチを活用した改善実践事例-

  http://www.jaspic.org/event/2007/SpiJapan/2A3.pdf

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2011(SPI Japan2011)

ふりかえり実践方法の変遷による業務運営プロセスと成果の改善

  http://www.jaspic.org/event/2011/SPIJapan/session3B/3B4_ID008.pdf

 

ソフトウェアプロセスエンジニアリングシンポジウム2012(SPES2012)【ベストプレゼンテーション賞】

要求仕様から利用品質~ソフトウェア品質特性へのリバース結果に基づく要求仕様レビュー

~利用者に喜ばれる・役立つシステムの構築に向けて

  http://www.jisa.or.jp/Portals/0/resource/seminar/spes2012/index.html

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2012(SPI Japan2012)

システムズアプローチによる問題発生構造分析とPFD(Process Flow Diagram)を用いたプロセス改善

  http://www.jaspic.org/event/2012/SPIJapan/session3A/3A3_ID009.pdf

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2012(SPI Japan2012)【最優秀賞受賞】

システムズアプローチに基づくプロセス改善メソッド:SaPIDが意図するコト

(Systems analysis/Systems approach based Process Improvement methoD)

〜プロセスモデルをより有効活用するために/そして現場の自律改善運営を促進するために〜

  http://www.jaspic.org/event/2012/SPIJapan/session3A/3A4_ID023.pdf

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2013(SPI Japan2013)【実行委員長賞受賞】

SaPID実践事例より~改善推進役がやるべきこと/やってはいけないこと

現場が自らの一歩を踏み出すために

  http://www.jaspic.org/event/2013/SPIJapan/session2B/2B3_ID011.pdf

 

派生開発カンファレンス2013

問題構造分析とPFDの併用による現実的・段階的な改善実践方法の提案

~PFDを使いこなす能力を確実に身に着けるために

  http://affordd.jp/conference2013/xddp2013_p8.pdf

 

ソフトウェア・シンポジウム2013 in 岐阜(SS2013)【最優秀発表賞受賞】

 「プロセスアセスメント結果の現実的・効果的活用方法の提案」

  http://sea.jp/ss2013/accepted_papers.html#s3

 

ソフトウェア品質シンポジウム2014(SQiP2014) 

「プロジェクト運営と改善実践の連携・一体化」

  ~プロジェクトマネジメントにおけるSaPIDシステムズアプローチ活用事例

  https://www.juse.jp/sqip/symposium/archive/2014/day1/files/happyou_B1-3.pdf 

 

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2015(SPI Japan2015)【わくわく賞受賞】

「自律型プロジェクトチームへの変革アプローチ事例」

  ~チームの価値観変容を重視し、問題モデリングを活用したSaPID流プロセス改善アプローチ~

  http://www.jaspic.org/event/2015/SPIJapan/session3C/3C-3_ID012.pdf

 

ソフトウェアテストシンポジウム2016東京(JaSST2016東京)【ベストスピーカー賞受賞】

「レビューの目的・観点設定の効果と課題」

  http://jasst.jp/symposium/jasst16tokyo.html

  http://www.jasst.jp/symposium/jasst16tokyo/details.html#A2-1

  Slideshare:http://www.slideshare.net/AdachiKenji/ss-59510938

 

ソフトウェアシンポジウム2016 in 米子(SS2016)

「レビュー要求分析・設計・実装試行でわかったこと」

  http://sea.jp/ss2016/accepted_papers.html#s3-2

 

ソフトウェア品質シンポジウム2016(SQiP2016)

「プロセス改善の黒歴史~何を学び、どこへ向かうべきか?」

 SQuBOK V3研究チーム(プロセス改善の黒歴史研究)

  https://www.juse.jp/sqip/symposium/2016/timetable/files/happyou_F1-3.pdf

  http://www.juse.or.jp/upload/files/squbok_rev2016_1.pdf

 

ソフトウェアシンポジウム2017 in 宮崎(SS2017) 経験論文

「自分事化影響要因に着目した中期経営計画立案・展開アプローチ その1:現状分析~計画立案編」

  http://sea.jp/ss2017/programme.html

  http://sea.jp/ss2017/accepted_papers.html

 

ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2017(SPI Japan2017)【特別賞】

自分事化影響要因に着目した中期経営計画立案・展開への共創アプローチ[現状分析~計画立案編]

  http://www.jaspic.org/events/sj/spi_japan_2017/